コジカメ@Tokyo

スマホカメラが当たり前の時代!一眼レフ・ミラーレスの5つの魅力とは?

calendar

reload

スマホカメラが当たり前の時代!一眼レフ・ミラーレスの5つの魅力とは?

どうもこじりょー(@kojicame)です。

スマホにカメラがついているのが当たり前の時代。

「一眼レフやミラーレス一眼が欲しいなぁー」と思っても、改めてカメラを買うことになかなか踏ん切りがつかないことがあります。

「一眼レフやミラーレス一眼の購入に向けて背中を押して欲しい。」

カメラの購入に踏ん切りがつかない方に向けて、一眼レフとミラーレス一眼が欲しくなるその魅力をご紹介します。

魅力その1:レンズを変えていろんな表現で撮影できる

一眼レフとミラーレス一眼は「レンズ交換式カメラ」というジャンルのカメラです。

レンズを変えることでいろんな撮影表現ができる面白さがあります。

例えば「マクロレンズ」を利用して撮影すると肉眼では見えにくい世界を表現できます。

望遠レンズを使えば、物理的に近づけないものでも寄せて迫力のある表現ができます。

超広角レンズを使えば広大な景色の美しさを表現することができます。

個性豊かなレンズからスナップに便利な標準レンズまで。

レンズを交換することでいろんな写真表現ができるのは「レンズ交換式カメラ」の魅力の一つです。

スポンサーリンク

魅力その2:プリントして飾りたくなるような高画質な写真

一般的なスマートフォンに比べて、一眼レフやミラーレス一眼には「サイズの大きいイメージセンサー」が入っています。

「イメージセンサー」が大きいと写真のノイズが少なくなり、より綺麗にボケた美しい写真になります。

同じ画素数のカメラでも、イメージセンサーの大きさが違うと、撮れる写真の画質も大きく変わってきます。サイズの大きい一眼レフカメラのイメージセンサーは、レンズから取り込んだ光を受ける面積が広いため、ノイズが少なく、細部まできめ細やかな写真が撮れます。

キヤノン:EOS Kiss スペシャルサイト Daily Kiss | 一眼レフの魅力ってなに?

🌺 #花 #アジサイ #自然 #紫 #スナップ #flower #hydrangea #nature #purple #snap

こじりょーさん(@kojicame)がシェアした投稿 –

「大きなイメージセンサー」を搭載したカメラで撮影した写真は、データとして残すだけでは満足できません。

写真たてを購入して、いつも見える場所に飾りたくなります。

それぐらい一眼レフやミラーレス一眼で撮影した写真は美しいです。

魅力その3:ファインダーに映るものがそのまま写真になる

カメラについている小窓(ファインダー)から被写体を覗きシャッターを切る。

そして、目で見たものがそのまま写真になる。

この一連の流れは本当に気持ちがいいものです。

特にファインダーから被写体を覗くと、その鮮明さに身体中がワクワクしてくるのを感じます。

一眼レフには「ファインダー」が、一部のミラーレス一眼には「EVF(電子ビューファインダー)」があります。

ファインダーをのぞいて被写体をみるこのワクワク感はスマートフォンでは味わえません。

僕がスマートフォンで写真撮影が楽しくないのは「ファインダーがない」というのも1つの要因ですね。

またファインダーをのぞく撮影スタイルは、カメラが安定するためブレが少なく上手に写真を撮影することができます。

スポンサーリンク

魅力その4:時間さえも芸術にする

一眼レフやミラーレス一眼はカメラの設定で「シャッタースピード」を変えることができます。

シャッタースピードとは「シャッターが開いてから閉じるまでの時間」のことを言います。

このシャッタースピードを調節して写真を撮影すると、まるで撮影者が時間を自由に動かしているかのように被写体の写り方が変わるんです。

例えばシャッタースピードを「遅く」して写真を撮影してみましょう。

シャッタースピードを遅くすることで、光の軌跡を一つ一つ写し続けます。

その結果、光がまるで流れているかのようなスピード感のある写真になります。

またシャッタースピードを速く設定すれば動きの早い被写体を止めることができます。

シャッタースピードを速く設定することにより、水が物体にあたり粒の状態となったこの一瞬さえも逃すことなく写すことができます。

一眼レフやミラーレス一眼は、まるで物体の時間を操り芸術とする魔法の箱のようですね。

シャッタースピードについてもっと詳しく知りたくなった方は下記の記事を参考にしてみてください。

参考リンク:シャッタースピード – ニコンイメージングジャパン

魅力その5:カメラのデザインがオシャレ

一眼レフやミラーレス一眼はそのカメラのデザインもとても魅力的です。

一眼レフはまるで昔のレトロカメラのようなデザインがどこか可愛らしく哀愁を感じさせます。

そんなとこにぼくは魅了されました。

またミラーレス一眼はレトロ感も残しつつモダンな要素も取り入れた、スタイリッシュなデザインが持つ人をオシャレにみせますね。

小型・軽量で高性能なミラーレス一眼も最高ですね。

ほしいぃ..!

おわりに

以上、一眼レフ・ミラーレス一眼の5つの魅力でした。

どうでしょうか、カメラ買いたくなりましたか?

もしこの記事を読んでカメラを買おうと決意してもらえたら嬉しいですね。

また一眼レフやミラーレス一眼に興味を持った方は、「一眼レフとミラーレス一眼、どちらが自分にあっているか」を初心者の方に向けてアドバイスさせていただいた記事がありますので、よければ参考にしてみてください。

これから始めるならどっち?一眼レフとミラーレス一眼を比較してみる

こじりょー(@kojicame)でした!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




この記事を書いた人

こじりょー

こじりょー

「コジカメ@Tokyo」の運営者。フォトブロガー。2016年8月に一眼レフを購入してから写真撮影の面白さに目覚める。「東京で写真撮影をおもいっきり楽しむ方法」をテーマに情報を発信しています。
【撮影機】
一眼レフ:EOS-KISS-X80
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO