コジカメ@Tokyo

【PR】写真を飾って楽しもう!アンティークで観覧車型のフォトフレームの魅了

calendar

reload

【PR】写真を飾って楽しもう!アンティークで観覧車型のフォトフレームの魅了

どうもこじりょー(@kojicame)です。

突然ですが、フォトフレームといったら四角入れものだと思っていません?

フォトフレームにもオシャレで個性的なものがあるんです。

ぼくは初めて自分の撮影した写真をFlourEstateさんのフォトフレームに入れてみたら、とても感動しました。

 

アンティークの良さが写真を引き立てる

アンティークの良さは年季を経た色合いと古さから感じられる、芸術作品のような美しさ。

そのアンティークの良さを活かしたデザインが、写真をより引き立ててくれます。

まるで芸術作品が収まっているかのような雰囲気がたまりません。

また、観覧車型のデザインがどこかキュート。

コロコロと回転させて、自分の撮影した写真を一枚一枚鑑賞するのが楽しいです。

機能面

写真のサイズと入れ替えについて

フォトフレームに入る写真のサイズは10x6cmです。

ぼくはL判サイズでプリントした写真を切って入れました。

また、一つのフォトフレームには2枚の写真を入れることができます。

そのため最大12枚もの写真が入ります。

前後入れ替えて写真の鑑賞を楽しむことができますね。

また、フォトフレームはいつでもあけることができるようになっています。

組み立てについて

商品は組み立て式です。

ネジを使うので、組み立てにはドライバーが必要です。

組み立てはそこまで難しくありません。

小さいネジは骨組みの組み立てに。

大きいネジはフォトフレームと骨組みのつなぎに、と。

いたって単純なので、すぐに組み立てることができます。

おわりに

オシャレなフォトフレームに写真を入れて鑑賞するのはとても楽しいですよ。

また一つ写真の楽しみ方が増えてぼくは嬉しいです。

アンティークと写真の相性は抜群なので、気なる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

Amazonで商品をみてみる↓

写真を切るのが面倒な方はL判サイズが入るフォトフレームもありますので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか?

Amazonで商品をみてみる↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




この記事を書いた人

こじりょー

こじりょー

「コジカメ@Tokyo」の運営者。フォトブロガー。2016年8月に一眼レフを購入してから写真撮影の面白さに目覚める。「東京で写真撮影をおもいっきり楽しむ方法」をテーマに情報を発信しています。
【撮影機】
一眼レフ:EOS-KISS-X80
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO