コジカメ@Tokyo

SIGMA17-70mmの標準ズームレンズを購入したのでレビューします!

calendar

reload

SIGMA17-70mmの標準ズームレンズを購入したのでレビューします!

そろそろ2台目のレンズが欲しかったので、神レンズと評判なSIGMA 17-70mmを購入しました。

さっそく使ってみた感じをレビューしていきます。

SIGMA 17-70mmのレンズってどんな感じなのか気になっている方の参考になればと思います。

sigma17-70mmを使ってみて

良いなと思ったこと

sigma17-70mmを使ってみて、一番良かったことは被写体選択が増えたことです。

いままで単焦点の広角レンズを使っていたので、物理的に近づけない被写体は諦めていました。

その点、標準ズームレンズは良いですね。

近づけなくても焦点距離を70mmの望遠に調整すれば、まるで接写してるような感じで撮影できます。

広角に比べて、望遠で撮影するほうが背景がよくボケてくれます。

また最短撮影距離22cmで最大倍率が1.2.8により、マクロ並みの撮影ができて楽しいです。

ぼくは接写した感じの絵が大好きなので、被写体に寄せて撮影できるのは嬉しいですね。

sigma17-70mmは、35mm半換算で25.5 ~ 105mmをカバーしています。

広角から中望遠、そしてマクロ並みの撮影が可能なうえ、さらに手ぶれ補正機能までついています。

これ一本で、大体のものはストレスなく撮影できてます。

単焦点広角はちょっとストレスが多かったなぁー。

気になったこと

sigma17-70mmを使ってみて、個人的に気になったことはAFの速度ぐらいです。

sigma17-70mmを使う前は、CANON純正の単焦点広角レンズを使っていました。

純正に比べたら、sigma17-70mmのAFの速度は若干遅く感じますね。

まあこれは当然のことなんですが。

じゃあsigma17-70mmに近い性能のレンズをCANONで購入しようと思うと高額なので、手が出せないです。

それに比べるとsigma17-70mmは手が届きやすい値段です。

広角から中望遠、そしてマクロ並みの撮影が可能な上、手ぶれ補正機能までついたレンズです。

純正とのAF速度の差ぐらい全然目を瞑れます。

sigma17-70mmの評判

F値が2.8から始まりズームでもF4ととても扱いやすいレンズです。
確かに音はカタカタしますが、写真で使うので気にしません、17mmはかなり画角が稼げますから使い勝手は非常にいいですね。

Nikon用に買いました | Amazonカスタマーレビュー

ピントを合わせる際は確かに音はしますね。

ぼくも写真撮影のみというのもありますし、それにそこまで気になるほどの音ではないですね。

良かった点は

①広角~望遠全域において思ってたよりも画質は高い。D800で使ってる前モデルのタムロンA09よりも解像度高く感じた。

②手ぶれ補正の効きもまずまず。薄暗い寺社仏閣内や水族館での手持ちフラッシュなし撮影でも手ぶれ失敗が殆どなく満足。

③最大撮影倍率1:2.8とかなり寄って撮れる。

まとめると、旅行にこれ1本持ってくというような時にはコストパフォーマンスに優れた良いレンズだと思います。

お手軽標準レンズ | Amazonカスタマーレビュー

本当にコストパフォーマンスに優れたレンズだとぼくも思います。

sigma17-70mmなら、ほとんどの被写体はストレスなく撮影できますね。

おわりに

sigma17-70mmは、ぼくにぴったりのレンズでした。

広角から中望遠、そしてマクロ並みの撮影ができるので、自分のイメージ通りの撮影がとてもしやすいです。

手ぶれ補正もついているので写真が失敗することも少なくなりますし、撮影の負担がより減ります。

sigma17-70mmをどんどん使いこなして良い写真撮ってくぞー。

Amazonでsigma17-70mmの詳細を見る↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




この記事を書いた人

こじりょー

こじりょー

「コジカメ@Tokyo」の運営者。フォトブロガー。2016年8月に一眼レフを購入してから写真撮影の面白さに目覚める。「東京で写真撮影をおもいっきり楽しむ方法」をテーマに情報を発信しています。
【撮影機】
一眼レフ:EOS-KISS-X80
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO