コジカメ@Tokyo

一眼レフ買って2ヶ月!買ってよかったことを4つにまとめる

calendar

reload

一眼レフ買って2ヶ月!買ってよかったことを4つにまとめる

どうもこじりょー(@kojicame)です。

一眼レフのEOS-KISS-X80を購入してから、もう二ヶ月が経ちました。

まだまだ使いこなせてはいませんが、一眼レフでの撮影はとても楽しいです。

今回はそんな一眼レフを買ってよかったことを4つに簡単にまとめてご紹介します。

美しい景色は身近なところにあると知った

一眼レフを使って撮影してから「美しい景色といえばどこかの世界遺産だ。」という思い込みを見事に壊されました。

道端にある何気ない花。

いつも通ってる道。

よく遊んだ公園。

大切な人の笑顔。

普段の生活の中に、美しい景色はあるんです。

気づいていないだけで、美しい景色はたくさんあるんだと知りました。

外に出て行くのが楽しくなった

一眼レフを購入すると、とにかく撮影したくて外に出て行きたくなります。

一眼レフを購入する前と後では、外出する回数が圧倒的に変わりましたよ。

今の目標としては中央線沿いの全駅周辺のスポットを撮影することです。

一眼レフを購入する前はこんなこと微塵も考えていませんでした。

一眼レフには人を行動的にさせる魔法でもかかっているようです。

みるもの全てがキラキラして見えるようになった


一眼レフを購入する前、写真を撮影する機会は何度もありました。

でもその度に、写真を撮ることが楽しいとは感じたことがありませんでした。

それにぼくはもともと写真を撮るのが嫌いでした。

でも一眼レフで撮影するのは楽しくて楽しくてしょうがないんです。

見るもの全てがキラキラして見える子供の頃に戻ったような感じになるんですよ。

ファインダーを覗きシャッターを切る。

単純なことですが、スマホでは味わえない写真撮影の楽しみが一眼レフにはあります。

カメラや撮影方法についてもっと知りたくなった

Processed with VSCO with b1 preset

カメラにはミラーレスにコンデジと、一眼レフ以外にもたくさんあります。

それぞれの違いとか、カメラの歴史とかにもすごく興味が湧いてきました。

フォトマスター検定なんてものもあり、正直本気で受けようかと考えています。

それほど一眼レフがきっかけでカメラに興味を持つようになりました。

カメラについてはなんでも知ってるくらいのレベルになりたいんですよね。

写真を撮る際の構図の考え方や、レンズの性能とかも知りたいことが山のようにあるんです。

おわりに

一眼レフを購入してから、写真撮影が楽しくてしょうがないです。

楽しむといってもただ撮影するのではなく、どうしたらもっと上手に撮れるのか試行錯誤すること含めて楽しめるようになりました。

一眼レフを購入してからまだ二ヶ月ですが、ここまでカメラ好きにさせてしまった一眼レフって本当にすごいなーと感じます。

まだまだ初心者なので一眼レフの魅力を伝えきれていませんが、当ブログを通して発信していきますので、興味を持たれた方は定期的にチェックしてもらえたら嬉しいです!

アマゾンでEOS-KISS-X80の詳細をみるにはこちら↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




この記事を書いた人

こじりょー

こじりょー

「コジカメ@Tokyo」の運営者。フォトブロガー。2016年8月に一眼レフを購入してから写真撮影の面白さに目覚める。「東京で写真撮影をおもいっきり楽しむ方法」をテーマに情報を発信しています。
【撮影機】
一眼レフ:EOS-KISS-X80
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO