コジカメ@Tokyo

カメラ初心者のぼくがデジタル一眼レフを選んだ3つの理由

calendar

reload

カメラ初心者のぼくがデジタル一眼レフを選んだ3つの理由

どうもこじりょー(@kojicame)です。

カメラの値段って高いですよね。

ぼくは写真の経験がほとんどないのに、人生初のカメラ購入をデジタル一眼レフに選びました。

コンパクトデジタルカメラに、ミラーレス一眼という選択枠があるにも関わらず、なぜデジタル一眼レフを選んだのか。

今回はその理由を3つにまとめてみましたので、簡単にご紹介します。

 本気を形で示せる

本気で写真が上手になりたいという覚悟を形に示せる。」という理由が一眼レフを選んだ一つの理由です。

今年の夏、動画撮影に購入したビデオカメラで公園の花を撮影しました。

そのとき何気なく撮影した花がものすごくよく撮影できて、写真の楽しさを知りました。

「もっともっと上手に撮りたい。」

そう思って周りを見渡してみると、一眼レフで撮影している人がいました。

そこから伝わってくる写真への本気の姿勢。

一眼レフを持って撮影するのは、例えるならスポーツ選手が試合でユニフォームを着て気を引き締めるような感覚に近いと感じました。

本気で写真が上手になりたいという覚悟を形に示せるのは一眼レフだ。」と自分の中でそういう想いが生まれました。

一眼レフの独特なデザインに惹かれた

一眼レフと聞けば、大体の人はどんなものかイメージができますよね。

どっしりとしていながら、どこかレトロ感を感じる形。

そこにぼくはもう心のそこから惚れ込みました。

もちろんミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラにもおしゃれなものはあります。

だけどデジタル一眼レフのこの形の魅力には叶いませんよ。

レンズやアクセサリーが豊富

デジタル一眼レフの歴史は長いと言われています。

それだけ言われるあってレンズの種類やアクセサリーが豊富なんです。

一眼レフは一般的にフィルム時代からの歴史があるため、交換レンズや周辺アクセサリーが豊富。これにより様々な手法で、いろいろな表現が可能。

一眼レフとミラーレスの違い | Amazon

カメラを本気で始めるとなると、より撮影しやすくするためにアクセサリを揃えたりします。

また、撮影する被写体やテーマによっては写真の雰囲気を変えるためにレンズを交換したい時があります。

いろんなニーズに応えられる環境がデジタル一眼レフには整っているのは大きいですね。

とは言え、ミラーレス一眼レフのアクセサリも増えてきているので、これは対して変わらないですね。

最初のうちなんてそんな買わないですから。

それでも、レンズの種類やアクセサリーが豊富という事実は、長く一眼レフを使う上で大切なことです。

おわりに

以上がデジタル一眼レフを選んで購入した理由です。

経験の浅い自分ですが、デジタル一眼レフの購入を考えている方の判断材料の一つにでもなれたら幸いです。

ぼくはデジタル一眼レフを購入してから写真撮影がより楽しくなりましたよ。

もっともっと使いこなして、デジタル一眼レフのレベルに自分が追いつけるようになりたいと思うほどにです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




この記事を書いた人

こじりょー

こじりょー

「コジカメ@Tokyo」の運営者。フォトブロガー。2016年8月に一眼レフを購入してから写真撮影の面白さに目覚める。「東京で写真撮影をおもいっきり楽しむ方法」をテーマに情報を発信しています。
【撮影機】
一眼レフ:EOS-KISS-X80
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO